コラム|宮前駅で歯科をお探しの方は【わだ歯科クリニック】まで

背景色:
文字サイズ:
〒641-0006
和歌山県和歌山市中島576-1
WEB予約
  • 電話
初期のむし歯は削らなくても治せる?

皆さんこんにちは。

わだ歯科クリニックです。

 

むし歯というのは、歯を削らなければ治すことのできない病気、とお考えの方も多いことでしょう。

 

実際、ほとんどのケースでは、むし歯菌に侵された歯質を削ることで、健全な状態へと戻すことができます。

 

けれども、歯の状態によっては、歯質を削らなくてもむし歯を治療できるケースもあります。

 

それは初期のむし歯です。

 

初期のむし歯の特徴

初期のむし歯とは、発生して間もないむし歯で専門的には「初期う蝕」と呼ばれています。

 

歯の表面に穴が開いていない」「白く濁っている」という2つの特徴があります。

 

これらは通常のむし歯にみられないものなので、見分けるのは比較的容易です。

 

ただ、一般の人は自覚しにくい傾向にあることから、見落とされがちといえます。

 

歯の中で脱灰が始まっている

初期のむし歯で見られる歯質の「白濁(はくだく)」は、歯の表面ではなく内部から脱灰が始まっていることを意味します。

 

脱灰とは、酸などによって歯が溶ける現象ですね。

 

この時点で、歯質の最表層はまだ溶けていないので、歯を削らなくてもその進行を止めることが可能といえます。

 

フッ素による再石灰化処置が有効

初期のむし歯の治療としては、フッ素塗布が第一に行われます。

 

フッ素は脱灰した歯の再石灰化を促す作用が期待できることから、表層化脱灰が主症状である初期のむし歯との相性が良いのです。

 

そのうえで、適切なブラッシングを行っていくことで歯が徐々に修復され、本当のむし歯に発展するのを防ぐことができます。

 

ですから、「むし歯治療が怖い」「歯を削るのが嫌」という方は、できるだけ初期の段階で自覚することが大切といえます。

 

そのためには、歯科の定期検診を受けるのが一番です。

 

まとめ

このように、発生して間もないむし歯であれば、歯を削ることなく進行を止めることができます。

 

適切な処置を施し、オーラルケアもしっかり行っていけば、その状態を一生保ことも難しくはありません。