コラム|宮前駅で歯科をお探しの方は【わだ歯科クリニック】まで

背景色:
文字サイズ:
〒641-0006
和歌山県和歌山市中島576-1
WEB予約
  • 電話
どうして歯が黒くなるの?

皆さんこんにちは。 わだ歯科クリニックです。

歯の変色で悩まれている方は多いのではないでしょうか。

それが白さがくすんできただけならまだしも、黒ずんでしまうと憂うつなものです。

今回は、歯が黒くなる原因や対処法などについてお話しします。

 

歯が黒くなる原因

歯が黒くなるのは、むし歯や歯周病、歯髄炎(しずいえん)などの病気が原因のものと、着色汚れや歯の神経がない、歯の詰め物の変色などそれ以外の原因のものがあります。

病気が原因

むし歯の場合、象牙質や歯髄と呼ばれる歯の内側部分にまで炎症が広がると、全体が黒く透けて見えるようになってしまいます。

これはむし歯がかなり進行している状態で、冷たいものや甘いものを食べると歯がしみたり、何もしないでも痛みがあったりします。

歯周病になると歯ぐきから出血するため、歯と歯ぐきの境目の「歯周ポケット」にたまった歯石が黒ずみ、歯が黒っぽく見えてきます。

また、むし歯の一種である歯髄炎(しずいえん)は、歯の神経に炎症が広がる病気で、象牙質に黒ずみが生じて歯が黒くなる可能性があります。

ほかにも、転倒や事故などによって歯を強打して神経が死んでしまうと、壊死した部分と血液成分と結合して硫化鉄を作って歯が黒く変色することもあります。

 

病気以外の原因

着色汚れは、色の濃い食べ物や飲み物によって徐々に歯が変色することで、カレーやチョコレート、赤ワイン、コーヒー、紅茶、タバコのヤニなどで起こりやすくなります。

このようなものを飲食した後は、歯磨きをしたり、口をゆすいだりすると着色汚れを防ぐことができます。

また、歯は神経を取ると、組織に栄養が行き渡らなくなり、歯が黒ずむ傾向があります。

ほかに、歯の詰め物が時間とともに変色し、歯が黒くなることもあります。

 

黒くなった歯の治療法

歯が黒くなってしまったら、病気が原因の場合はその治療を行うことで改善します。

着色汚れの場合は、歯の汚れを落とすことで白い歯へ戻る可能性があります。

主な方法としては、「PMTC」と呼ばれる専門的な歯のクリーニングが効果的です。

PMTCでは、お口のすみずみまで歯垢や歯石、着色汚れなどを落としていきます。

さらに歯を白くしたい場合は、ホワイトニングやセラミック治療を行います。

 

歯が黒くなるのを防ぐ方法

歯が黒くなるのを防ぐ方法はいくつかあります。

まずは正しいブラッシングを行い、むし歯や歯周病などの病気を予防することです。

さらに、歯科医院で定期的に歯のクリーニングを受けると、着色汚れを落とすこともできるため、より効果的です。

 

まとめ

このように、歯が黒くなるのは病気が原因の場合があり、見た目だけでなくお口の健康にまで影響を及ぼす可能性があります。

症状が悪化する前に、早めに治療を受けたり、予防のために定期的な検診を受けたりしていきましょう。

 

医院名 わだ歯科クリニック
所在地 〒641-0006 和歌山県和歌山市中島576-1
電話番号 073-488-8039
URL https://www.wadadc.net/
診療内容 むし歯治療、歯周病治療、ブリッジ、入れ歯、インプラント、小児歯科、予防・クリーニング、歯科口腔外科、セラミック治療、ホワイトニング、マウスピース製作
説明 JR紀勢本線「宮前駅」より徒歩8分の【わだ歯科クリニック】です。バリアフリー設計でキッズスペースも完備しており、お子さんやお子さん連れの方、シニアの方まで誰もが通いやすい歯科医院です。インフォームドコンセントを重視し、衛生管理の徹底も心がけています。歯周病治療・予防、小児歯科を始め、どんなことでもご相談ください。