コラム|宮前駅で歯科をお探しの方は【わだ歯科クリニック】まで

背景色:
文字サイズ:
〒641-0006
和歌山県和歌山市中島576-1
WEB予約
  • 電話
「院内感染ゼロ」の歯科医院をめざします

皆さんこんにちは。 わだ歯科クリニックです。

歯科医院は、お口の中に直接触れる機会が多いため、普段から衛生管理の徹底を心がけています。

とくに新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう今、さらに真摯に衛生管理に取り組んでおります。

これは、患者さんはもちろん、スタッフなど当院に関わるすべての人を感染症などから守るためです。

今回は、当院の衛生管理についてお話しします。

 

消毒・殺菌・滅菌の違いは?

皆さんは、「消毒・殺菌・滅菌」の違いを説明することができますか?

この3つは似たような言葉でしばしば混同されてしまいますが、それぞれ別の意味を持っています。

 

「消毒」は、細菌の活動を弱めるものの、細菌が生き残っている状態。

「殺菌」は、特定の細菌を死滅させることはできるが、すべての細菌は死滅できていない状態。

「滅菌」は、すべての細菌が死滅した状態。

 

この3つの中で、「滅菌」がもっとも菌に対して強力なものとなります。

当院で治療などに使う器具のうち、使い捨てができないものに関しては、すべて「滅菌」したものを必ず使用するようにしています。

 

当院の滅菌器

当院の滅菌器は、高温の蒸気によって、器具やタービンについたウイルスや細菌を死滅させることが可能です。

とくに歯を削るタービンは複雑な構造ですので、専用の滅菌器を使ってしっかりと滅菌しています。

使い捨てではない器具は、すべて滅菌器で滅菌した清潔なものを使い、患者さんごと・使用ごとに取り換えています。

 

口腔外バキューム

治療中の診察室には、飛び散った唾液や、歯や詰め物・かぶせ物などの修復物を削った粉塵が舞ってしまい、飛沫感染の原因となってしまうことがあります。

口腔外バキュームは、それらを瞬時に吸い込む機械です。

これを診察台ごとに設置することで、診療室内を常に清潔に保ちます。

 

まとめ

ほかにも、診療の際に装着する手袋や、患者さんがお使いになるうがい用のコップ、エプロンなどは、使い捨てのものを使用しています。

また、ユニットチェアや棚、照明、受付など、人が触れる部分だけでなく、可能な部分はアルコールを使ってきれいに拭いています。

 

このように、患者さんが安心して診察していただけるよう、「院内感染ゼロ」の記録をずっと更新し続けていかれるように、いつまでも努力してまいります。

なにか気になる点や不安なことなどありましたら、いつでもスタッフまでお声がけください。

 

医院名 わだ歯科クリニック
所在地 〒641-0006 和歌山県和歌山市中島576-1
電話番号 073-488-8039
URL https://www.wadadc.net/
診療内容 むし歯治療、歯周病治療、ブリッジ、入れ歯、インプラント、小児歯科、予防・クリーニング、歯科口腔外科、セラミック治療、ホワイトニング、マウスピース製作
説明 JR紀勢本線「宮前駅」より徒歩8分の【わだ歯科クリニック】です。バリアフリー設計でキッズスペースも完備しており、お子さんやお子さん連れの方、シニアの方まで誰もが通いやすい歯科医院です。インフォームドコンセントを重視し、衛生管理の徹底も心がけています。歯周病治療・予防、小児歯科を始め、どんなことでもご相談ください。