コラム|宮前駅で歯科をお探しの方は【わだ歯科クリニック】まで

背景色:
文字サイズ:
〒641-0006
和歌山県和歌山市中島576-1
WEB予約
  • 電話
レントゲン撮影って安全?被ばくは大丈夫?

皆さんこんにちは。

わだ歯科クリニックです。

 

歯科治療ではいろいろな場面でレントゲン撮影を行います。

 

むし歯になっている歯だけを調べるのであれば「デンタル」と呼ばれる小さな画像、お口全体の状態を調べるのであれば「パノラマ」と呼ばれる大きな画像を撮影します。

 

いずれもエックス線を使うことから、被ばくが心配という方もいらっしゃることでしょう。

 

そこで今回は、歯科医院で行うレントゲン撮影の安全性や被ばくについて詳しく解説します。

 

レントゲン撮影は安全

まず結論からいうと、歯科医院で実施するレントゲン撮影は安全な検査です。

 

エックス線を用いる以上、被ばくすることは避けられないのですが、その量は微々たるものとお考えください。

 

ですから、1年に数回レントゲン撮影を行っても、健康被害が生じるリスクは極めて少ないといえます。

 

被ばく量が特に少ない歯科のレントゲン

レントゲン撮影というのは、病院での一般的な検査でも行われますよね。

 

それと比較すると、歯科のレントゲンというのは特に被ばく量が少ない撮影法といえます。

 

なぜなら、エックス線に当たる部分が特定の歯や顎だけに限られているからです。

 

しかも、エックス線の照射時間も比較的短いことから、歯科のレントゲンで大きなトラブルが起こることはまずないといえます。

 

子どもの成長に悪影響は及ばない?

発育途中にあるお子さまは、できる限り被ばくの伴うような医療行為は避けた方が良いといえます。

 

ただ、歯科のレントゲン撮影であれば、撮影時に体の部分を鉛のエプロンでガードしますし、そもそも被ばく量が少ないことから、大きな悪影響が及ぶことはまずありません。

 

ですから、必要であればレントゲン撮影を行った方が良いといえます。

 

まとめ

このように、歯科のレントゲン撮影は比較的安全な検査ですので、健康被害等を気にする必要はないといえます。

 

むしろ、レントゲン撮影を行うことで、より正確な治療を施せるようになることから、メリットの方が大きい処置といえるでしょう。