コラム|宮前駅で歯科をお探しの方は【わだ歯科クリニック】まで

背景色:
文字サイズ:
〒641-0006
和歌山県和歌山市中島576-1
WEB予約
  • 電話
定期検診を受けてむし歯・歯周病の予防を徹底

皆さんこんにちは。

わだ歯科クリニックです。

 

日本はまだまだ「予防歯科」の概念が浸透していないことから、歯科の定期検診を受けている人の数も一部に限られています。

 

その数は予防歯科の先進国である欧米と比較にならないほど少ないです。

 

その結果、80歳になっても20本以上の歯が残っている人の数にも歴然とした差が見られます。

 

今回はそんなお口の健康を大きく左右する定期検診の重要性についてわかりやすく解説します。

 

早期発見・早期治療につながる

3ヵ月に1回くらいの頻度で定期検診を受けると、まだ発症して間もないむし歯や歯周病を発見することができます。

 

これらの病気は早期治療することで、失う歯質や歯周組織の量も減らすことができ、お口全体の健康にも寄与します。

 

これは「予防」とは直接関係はありませんが、早期の段階でお口の異常を治しておくことは、予防と同じくらい大切なことといえます。

 

病気の兆しを発見できる

まだむし歯や歯周病を発症していないけれど、このままではいずれ病気になってしまう状態は、定期検診だからこそ発見できるものといえます。

 

定期検診では、歯科医師がしっかりとお口の中を診査しますので、わずかな異常でも見逃すことはありません。

 

もしも病気の兆しが見つかったら、積極的な改善処置を施していきます。

 

予防処置を受けられる

お口の中に何ら異常が認められない方にも、定期検診ではフッ化物の歯面塗布クリーニングなどの予防処置を実施いたします。

 

フッ素で歯を強くし、クリーニングで歯面を清潔に保つことで、むし歯や歯周病予防に役立てていただきます。

 

欧米の国では、これを当たり前のように行っているのです。

 

まとめ

このように、歯科の定期検診は、受診をすることでたくさんのメリットを得ることができます。

 

欧米の方々が一生涯、自分の歯で噛み続けることができるのは、定期検診のおかげでもあるのです。

 

そんな定期検診によってむし歯や歯周病の予防を徹底したいという方は、いつでもお気軽に当院までご連絡ください。