コラム|宮前駅で歯科をお探しの方は【わだ歯科クリニック】まで

背景色:
文字サイズ:
〒641-0006
和歌山県和歌山市中島576-1
WEB予約
  • 電話
歯周病はむし歯と同じ細菌感染症?

皆さんこんにちは。

わだ歯科クリニックです。

 

むし歯の原因といえば、ミュータンス連鎖球菌に代表されるむし歯菌への感染ですよね。

 

お口の中が不潔になって、むし歯菌が繁殖すると、歯に感染を引き起こします。

 

では、お口の病気としてもうひとつ有名な歯周病はどうでしょうか?

 

今回はそんな歯周病の原因と予防法についてわかりやすく解説します。

 

お口の中には歯周病菌がいっぱい?

私たちのお口の中には、たくさんの種類のむし歯菌が生息しています。

 

実は、それと同じように歯周病菌も複数、住み着いているのです。

 

最もポピュラーなのはP.g(プロフィロモナス・ジンジバリス)と呼ばれる細菌です。

 

おそらく皆さんも一度は「ピージー菌」という名前を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

とはいえ、ミュータンス連鎖球菌ほど有名ではないため、歯周病が細菌感染症であることを知らない人も多いといえます。

 

歯周病では歯茎に細菌が感染する

むし歯は歯質への細菌感染によって病気を発症しますが、歯周病の感染部位は歯茎です。

 

歯茎はとてもデリケートな組織であるため、細菌感染を起こすと、腫れや出血などが生じます。

 

これらは歯肉炎の特徴的な症状ですので、皆さんもご存知のことでしょう。

 

感染は顎の骨まで広がる

歯周病の怖いところは、細菌感染が歯茎だけではなく、歯を支えている歯槽骨にまで広がる点です。

 

歯周病が重症化すると、歯茎や顎の骨がボロボロになって歯が抜け落ちるのはそのためです。

 

そういった事態を引き起こさないためには、定期検診を受けて、歯周病を予防するのが一番といえます。

 

定期検診では歯周病の原因となる思考や歯石を取り除くだけではなく、毎日の歯磨きを適切に行えるよう、ブラッシング指導も実施しますので、歯周病を予防したい方はぜひ当院までお越しください。

 

まとめ

このように、歯周病もむし歯と同じように細菌感染症の一種といえますので、発症を予防するためにはお口の中を清潔に保つ必要があります。

 

セルフケアとプロケアを両立させながら、細菌が繁殖しにくい清潔な口腔環境を確立していきましょう。